時間は短縮。ハンドルはおだやかに「ひまわりロード」。

 佐賀市と唐津市を最短で結ぶ幹線道路として、また、長崎自動車へのアクセス道路として、さらに、県南部にある佐賀空港への便益を図る道路として、地域高規格道路の指定を受け重要な役割を果たしています。
 山々の色を、風の香りを、水の清らかさを感じられるぜいたくな時間がここにあります。

 1.事業目的

 一般国道203号は、県都佐賀市と県下第二の都市唐津市を結ぶ唯一の主要幹線道路で、県内幹線道路のネットワーク化に重要な路線です。
 しかしながら、全線にわたり二車線の道路であるため、最近の交通需要に対応できず各所で恒常的な交通渋滞を起こすなど、幹線道路としての機能を著しく阻害されています。
 なかでも、この路線の中間付近に位置する笹原峠前後は、線形不良による安全性、走行性の問題や冬期の積雪・凍結により、交通の難所となっており、緊急な整備が要請されておりました。
 本道路は、これらの問題点を解消し、かつ、周辺における道路整備の効果を最大限に発揮させるとともに、長崎自動車道へのアクセス道路として、また、県南部の佐賀空港の便益を唐津市を初め県北部に波及させ、県土の均衡ある発展並びに、産業基盤の整備による地域の活性化、沿線住民の生活環境保全に大いに寄与するものです。
 また、平成6年12月16日には、連携型の地域高規格道路「佐賀唐津道路」として指定を受けました。

 2.事業の概要

路線名
一般国道203号
区間
佐賀県唐津市厳木町中島から佐賀県多久市北多久町大字多久原まで
施工延長
3.6km
道路の区分
第1種第3級(地域高規格道路、自動車専用道路)
道路の幅員
(10.5m) 7.0m
暫定2車線
設計速度
80km/h